大切な相手だからこそ


胡蝶蘭のピンク大切な取引先が新規事業に着手から、あるいは長年の親友が念願の独立を果たした、お世話になり続けるお店や施設が移転からの店舗や事務所拡張など、開業祝いをお届けすべき場面は贈る側である私達も心躍ります。だからこそお祝いの気持ちを相手先に伝える術に頭を使って当然ですし、確実に喜んでいただけるアイテムのチョイスは非常に重要です。ある意味一般的かつ無難そして確実にメッセージを届けるのであれば、花束もしくは花籠が有力選択肢となりますが、中でもやはり外せないのが胡蝶蘭でしょう。

その気品溢れる圧倒的な存在感と美しさは、受け取る側のみならず、飾られたその姿を目にする全ての来訪者の目と心を捉えます。胡蝶蘭イコール白のイメージですが、品種改良が進む中、今日では絶妙な薄紫やピンク、淡い黄色など種類も豊富となり、他の花達とは一線を画す絶妙の彩の世界を広げています。偶然視界内に飛び込む胡蝶蘭が飾られた風景から、私達は条件反射的に「新規開業だ」と判断出来る程、胡蝶蘭はその役割を含め、贈答花の女王としての地位を確かにしています。大切な相手へのお祝いの「こころ」と届けるに際し、贈りたい花の女王「胡蝶蘭」をスルーする事は出来ません。